私たちが「何をしているか」と同じくらい、「何をしていないか」を誇りに思っている。